読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たとえ間違いでも

私にも夢があった。

 

やふぅ、工藤かもめです。

考えても考えてもわからないことがあって、だんだんとなにを考えてるのかもわからなくなって、今はもう考えることをやめそうになってます。

 

結局ずっとニートなんだけど、次の一歩がよくわからなくなってしまって。

これまでの経歴は恐らく全体的に失敗で、だから手に職つけて、またいちからやろうよというナイスな案をもらったの。

ちなみに私自身がこれまでの経歴をどう思ってるのかというと、これが、思い出せない(笑)

なんかそのときそのときの感じで決めて、辞めて、遊んで、なんかしてという流れで、それを思い出せないという時点で、まず失敗なんだろう。まぁ楽しかったなぁくらいには思ってるんだけど、なんの能力も結果も備わってない。

 

好きなものがあって、好きな人がいて、好きな場所があって、好きな時間がある。

それだけで、生きるのは面白いものだと思ってた、今までは。

それら好きなもの全てひっくるめたのが私なんだと思ってた。好きなものが毎日の生活に直結する、という夢を見てた。

でも私には分不相応な夢だ。

仕事にはできなかったし、腹もふくれない。

都合次第ですぐに揺れて好きなままでもいられない。

 

そんな風に生きてたら、なにが、誰が、どこが、いつが、私は好きだったのか、わからなくなって目の前は真っ暗。

好きって言うだけなら簡単で、貫くには危なっかしくて、そんな気持ちに随分支えてもらったけれど、頼るものじゃなかった。

 

 

今更になって、中学や高校の先生が将来のために良い大学に行きなさいって言ってたことを思い出す。

はたまた将来の夢はお嫁さんですって言いきる人もいるんだなと思ったりして。

 

だから

 

 

 

 

馬鹿だなぁと思って(笑)

最初から反発しないで言うこと聞いて努力するなり、好きなことを貫くならどんなでもそうしたらいいのに、結局すっごくふわふわ(笑)

とはいえ、じゃあ生き方はそのどっちかしかないのかと言うと、それもどう?

 

もう手遅れの失われた安定努力コース。

そしてもう一方。

支えるのは熱意と情熱の夢追い努力コース。

 

 

私はねー、どっちもやだなー。

やだなんて言ってる場合じゃないんだよ!ばかもん!

というかね、どっちもできないんだなぁ多分。

今から大学行って就活するにはお金も時間もかかりすぎる、とはいえ特定の何かに対して熱意も情熱も勢いもないし、どっちのコースも落ちこぼれ。

結論としてはなんでもいいから働くことなんだけど、興味がないと動き出せない。

でもその興味もない…

 

 

 

ええええ…

 

困っちゃうね。