さらばえて

あたしって…ほんとばか…。

 

どうも、闇落ちです。

人生なんて楽勝だ!

と思ってた時期が確かにあった。

 

私ね、中学校からの仲の良いお友達が3人いるんですね。

なんで友達?ってくらい出来のいいお友達で、エンジョイライフ型のバリキャリと、質実剛健幸せいっぱい新婚さんと、波乱万丈タフネス不思議ちゃん。

それから、ご機嫌馬鹿野郎ニートの私。

 

中学校まではそれなりに同じようにただの中学生だったけれど、こうやって年を重ねると、四者四様のそれぞれの人生になっていく。

きっとそれぞれに、苦しいこと悲しいこと憤ることがあるはずで、たまに会うと、やっぱりすごいなぁと思う。

 

人を羨むのは簡単だけど、自分の良いところを伸ばしてあげないとなぁとも感じるのです。

 

大人になるってつまらない。ニートの毎日はクソみたい。私ってクソカスでつまらない。

なんて思う日が多くなってきても、一緒に中学生だった子供の頃からの友達の話を聞いてると、年を取るのも良いもんだと思える。

 

次会えるときには、ほんの少しだけでも、今が楽しいよと言える自分になっていたいね。