こじらせて、梅雨

深夜は考えすぎて、いけねぇや。

 

どうもかもめです。

真夜中って、好きだなぁ。

 

私ね、自分を知れ!っていう奴が、嫌いなのです。

嫌いってことは、やっぱりどっか痛いとこを突かれてる部分もあるから過剰反応になって嫌いになっちゃうわけだけど。

自分を知れって言われても、どこからどこまでが自分の本心なのか、一体いつから自分は自分なのか、例えこう思ってると知ったとして、その感情は理屈で考えて計算したあとの自分なんじゃないか、とか、色々考え始めたらとても自分がわかりっこない。

んで、その色々考える自分が、まさに自分なんじゃないか!とか、ホラ導いてやったゾと言わんばかりの奴が本当に嫌い。

それで、自分を知ったから、なんだというんだろうか。そもそもの悩みはなんだったか忘れちゃったじゃないか。そんなんじゃただ誤魔化されただけじゃないか、と思う。

 

だけど、その人が案内してくれて、確かにわかったことがあって。

私はそもそもあまり人を嫌いにならない。

だけど、お前みたいな奴が嫌いだってことがわかった(笑)

 

あと、もうひとつ、あまりにも自分の気持ちを知りすぎると、とても人の世では生きていけないからセーブしてる自分もいるのだということ。

だって、そんな風に自分の本心を知りすぎたら、嫌いな奴が多すぎて、毎日ギスギスしちゃう。

そう考えれば、私は実はあまり人を嫌いにならないんじゃなくて、あまりにも嫌いになりすぎるから、当たり障りなくやってる人ってことになる。

んで、私はそういう人も嫌いだ。だからそんな自分も嫌いだ。

んで自分が嫌いだから自分を変えようと思えば、ギャンギャンと尖った自分に寄っていくんだろう。

たらればの話は意味がないかもしれないけれど、これは経験上、もし上記の状態になれば、苦労するのは間違いなく私だ。

ついでに言うと私の周りにいる人達。

 

 

ふと思うのは、こうやって考えてる内容さえ、どうでもいいことだなぁ、と(笑)

実際、どうでもよくなったんだろう。

書いたらスッキリしたんだろうか。

同時に自分に対する知識は全部間違いなんじゃないかなと思ったのだ。

最初からここまで書いたことの全てが。

情報源が自分だとあまりにも信憑性がないなぁとも思った。

本当にこんなこと思ってたっけ?と。

 

結論としてはこう。

そいつが嫌いになった、人を嫌いにならないよう心を仕向けてきていた、でも実際は人を嫌いに感じることは多く、とはいえそれは不都合で、そうこうするうちに途端に考えた内容が全部嘘くさく感じ始めて、結果すげぇどうでもよくなった自分を知った。

 

もはや考えすぎるタイプなのかアッサリしたタイプなのかどうかすらわからなくなった。

 

人は人一人、完全に理解できるわけじゃない。だから自分が自分を理解できないなんて、当たり前だろう。

だから知るんじゃないかと言われても、10秒経てば変わってしまう、信用できない内心を知って、どうなるんだろうか。

疑り深いんだと、満足すればいいんだろうか。

そう考えたことさえ、10秒経てば変わってるのに?

 

それを全部踏まえて、

 

ただひとつ変わらずに私が知ったことは、

自分を知れって言ってくる奴は嫌い(笑)