でも 逢いたくなった時に 君はここにいない が一番好き

2018年もあっという間に6月。

雨が降り注ぎ薄暗んだ街並みに、まるでそこだけ色がついたように紫陽花が鮮やかで、とても綺麗ですね。

 

(そこだけ色がついたイメージ図)

f:id:odayakajanai:20180615200959j:image

 

 

私ね、雨、好きなんです。

室内で雨音を楽しむも良し、外に出て傘を振り回すも良し、なんだったらビチャビチャになった靴下を脱ぐときの爽快感さえ良し。

通勤時の地獄は凄まじいものがあるけど、雨がくれるセンチメンタルで静かな時間は、なにものにも代え難いもの。

 

雨音を聴きながらふと思い出す甘い恋の思い出。

雨と涙でぼやけていく夜の代官山。

滲む車のテールライトや信号の明滅が、眩い輝きと諦めとを繰り返す恋心のよう。

もう…だめなのかもしれない。

 

鏡のような夢の中で

思い出はいつの日も…雨。

 

 

まったく、これだからこの季節はマンピーのジースポット!